平成15年6月29日 門真市空手道大会@

今日は写真の左側に元の原版を、右側に加工した写真を貼って説明しますね。

原版

加工版

やはり暗いですね。奥が明るいし、道衣が白なので普通のデジカメではこうなってしまいます。

余分を切り取って全体を明るくするとかなり見れるようになります。

これも上と同じです。

ほら、誰か分かるでしょ。

あー誰かわかんないや。

おー分かる分かる。画像編集ソフトペイントショップならでは。

全体を撮ると人数が分かるくらいで人の表情はつぶれてしまう。

誰かにポイントをあわす。

これも上と同じ

 

人物写真のポイントは目の表情

ほら写真が生きた

 

一番いいところをカットして明るくする

 

これも同じ。目の表情がなんとなくわかるようになった。

 

 

 

照れた姿もかわいい

せっかくいいタイミングも

このようにすると写真が生きてくるでしょ。

 

人物写真はなるべくアップ目に 近めに

 

目が最大のポイント。目の表情がない写真はただの証拠写真にしかならない。

 

平成15年6月29日 門真市空手道大会A

今日は写真の左側に元の原版を、右側に加工した写真を貼って説明します。

原版

加工版

ファインダーの中では動きがあるが止まると何をしているのか分からなくなる。

光量不足で画質が落ちるが原寸大(横1280)サイズをそのまま部分カット。

 

これをカメラで撮ろうと思えば望遠レンズが必要になる。一眼レフの望遠レンズ付デジカメは高いもんなー。

 

人物に照準を合わす

二階の観客を消す

目の表情を生かす

   

 

手刀受けの直前かな

   

 

 

 

 

入場・表彰のカット(加工済み)

入場式

 

みんな帯が長い。早く大きくなれよ。

表彰式

照れた表情がかわいい。よく頑張りました。